挨拶状ドットコム 感謝はがきHOME > 連載コラム「感謝はがきのススメ」 > vol.22 切手やシールで感謝はがきにひと工夫

感謝はがきをきっかけに、ビジネスや人脈づくりなどさまざまな場面で、お客さまや周囲の人との幸せな関係を作って欲しい。感謝はがきの提唱者で、その伝道師でもある松本良彦さんが、みなさまのお役に立つホットな話題をお届けします。

2011/11/01

Vol.22

切手やシールで感謝はがきにひと工夫

みなさん、こんにちは。
感謝はがきのマツモトこと松本良彦です。

感謝はがきも書き始めの頃は書くことだけで精一杯だったのが書き慣れてくると余裕が出てきて相手に喜んでもらいたいな、という気持ちがますます湧いてきます。しかし、文章量を増やしたりするには時間が足りず、それにはまだまだ敷居が高い。

そこで今月は、スグにでもできる「もうひと工夫」のやり方として切手やシールを使ってこれまでの感謝はがきにひと味加える方法をご紹介したいと思います。

記念切手を貼ることで自分自身も楽しもう

まず、これまで感謝はがきを官製はがきで出していらした場合、それは切手を貼って出していただきたいのです。
というのも「切手を貼る」というのはカンタンなようで意外に面倒なことです。
のり面につける水などを別に用意して一枚一枚貼っていくのは実のところ結構時間がかかるもの。 また80円切手ならば割りとストックされていても、50円切手となると「わざわざ」買いに行かないといけない、というさらに面倒なことにもなりかねません。

ですが、もしあなたがいただいたはがきに見慣れない季節の花や歳時などがデザインされた記念切手などが貼っていれば「おっ?これ何?」と、きっと目を引くことでしょう。
そして「わざわざ買ってきて貼ってくださったんだなぁ」ときっと思うに違いありません。

もしも官製はがきを使う場合は、僕が始めた「5円切手を余分に貼って出す」ということをおすすめします。5円なら金額の負担もそれほど感じずに済みますし、普段見慣れないものなので相手に「珍しいですね!」と喜んでいただけます。ちなみに僕はこの5円切手に「感謝」の文字のハンコを押して出しています。まさに「ご縁(5円)」に「感謝」、というワケです(笑)

見映えをよくするだけでないシール活用の意味

さらにアクセントとしていろいろなシールをお使いいただくとよい思います。

みなさんははがきを書き終わった後、宛名面の空白が気になったことはありませんか。
よく字の上手い下手を気にされてはがきを書くのがついおっくうになっている方もたくさんいらっしゃいますが、お話を伺っていると字そのものの上手下手というよりも余白のバランスが上手く取れないと感じているだけの方もいらっしゃるようです。

「なんか字が小さすぎたな」などと感じた時は余白に小さな「シール」を貼ってみるといいでしょう。文具店やファンシーショップに行くとキャラクターや携帯のデコレーションに貼るようなシールに混じって、必ず季節の果物や、歳時などをテーマにしたシールが販売されています。 そうしたものを余白に散りばめて貼っておくと季節感が出ます。

年賀状や暑中はがきなど「決まりもの」のない春や秋などは、積極的に使うことをおすすめします。

また、うっかり字を間違えてしまった場合に、修正ペンを使うと、案外うまくいかずにかえって汚く見えてしまうこともあります。そんな場合にもシールは有効。間違えた字の上に貼っておきましょう。

「初めから書き直すべき」ことがもちろん基本マナーではありますが、送り先相手との関係によってはかえって楽しい一枚に感じていただけるはずです。

慣れてくると記念切手やシール選びなども楽しみのひとつになります。
僕などは、何かといえば金券ショップなどをのぞいてはデザインのいい記念切手がないかどうか物色するクセがついてきましたし、ファンシーショップなどでのシール選びも初めは女の子達に混じって買うのは恥ずかしかったですが、いろいろなトレンドが伺えて今は娘を伴って行くのも楽しみのひとつになっています。

自分にとって面倒なことも相手にとっては楽しいこと

最後に、こうした切手もシールなど見映えをよくする工夫をしていただくだけでも「面倒」なことです。 ただ「貼る」というだけでも時間と労力がかかり、経費も余分にかかります。
しかしだからこそ相手は「わざわざやってくれた」ことに喜びを感じてくださるものです。

感謝はがきはいい文章が書けないとだせないわけではないのです。
「気の利いたこと」の演出はこうしたカンタンにできる楽しいひと工夫だけで十分表現でき、ひと味加えた感謝はがきがますます相手にも喜んでいただけることにつながることは間違いないでしょう。

とにかくチョットしたことで構わないので、ドンドン演出することを心がけていきましょう!

それではまた、来月。

松本 良彦

PS.先日アップルの創設者のスティーヴ・ジョブズ氏がお亡くなりになられました。僕は15年くらい前からデザイン業を始めましたが、キッカケはひとつは自宅にMacがあったからです。その頃はジョブズはもうアップルにはいませんでした。 そしてあの名機iMacをひっさげてまさかの鮮やかな復活を遂げました。

一度 東京の「Mac Expo」というイベントに出かけ、初めて録画でしたがジョブズ氏の基調講演を聴きました。 当時新作のiBookの発表だったと思いますが、プレゼンの最後に笑顔で壇上を降りようとしたジョブス氏の笑顔のバックに曲が流れました。それはジョンレノンの「イマジン」でした。
それまで聞いたいろんな講演やスピーチなどにそのような演出は皆無でした。

僕の目に映ったジョブズ氏はコンピュータ会社の社長ではなく、ローリング・ストーンズのミックジャガーやU2のボノのようなまさに「ロックスター」でした。引退後まもなくの死、という流れもどことなく疾走感に貫かれた生き方を想像させてくれました。

しかしながら最期は自身の「終(つい)」を冷静に見つめ、幕を引き、いつまでも人々の心に輝くであろう「星」となられたジョブズ氏の偉大なるイマジネーションとそれを 支えたユーモアと行動力に敬意を表し、ご冥福をお祈りします。

【著書本】
接客のプロが新人のために書いた接客の本(アスカビジネス)

山根暁 (著), 松本良彦 (著), 株式会社空心 (監修)

CSコーディネータ山根暁さんとの共著本です。感謝はがきのエッセンスが満載♪


松本良彦さんプロフィール

1966年生・堺育ち、和歌山在住。 関西大学卒業後、輸入CD・レコード・グッズ販売などの店舗にて販売・接客業務を経験。お客様との強固な人間関係を作ることが売上向上につながることを学ぶ。その後、印刷デザイナーを経て「感謝はがきアドバイザー」として独立。小規模事業のお店や企業を中心に、お礼状を使った「感謝はがきであなたのファンを増やす」販促コーディネートやセミナー講師活動などを行う。 独立後1年間に自ら手書きで出したはがきは1,000枚以上。それがきっかけとなり2009年末、初の著書「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(明日香出版社・刊/山根暁氏との共著)を上梓。

ブログ http://ameblo.jp/kanshahagaki/

※サイトで取り扱っている商品に関しては、以下のフォームよりお問合せください
<お客様窓口>お問合せフォームはこちら
「感謝はがきのススメ」バックナンバー
なっとく夏得キャンペーン 20人に1人ギフト券5,000円当たる!!
キャンペーンで宛名印刷無料
お知らせ
2017/6/1
夏の特別キャンペーンを開始しました。
2017/6/1
2017年のかもめ〜るの取り扱いを開始しました。
2017/1/12
2017年の年賀状の取扱いを終了しました。
2016/8/28
2016年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2016/1/13
2016年の年賀状の取扱いを終了しました。
2015/8/27
2015年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2015/1/5
2015年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2014/8/29
2014年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2014/1/6
2014年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2013/8/29
2013年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2013/1/7
2013年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2012/8/31
2012年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2011/12/27
「感謝はがきのススメ vol.24(最終回)」を更新しました。
2011/12/01
「感謝はがきのススメ vol.23」を更新しました。
2011/11/01
「感謝はがきのススメ vol.22」を更新しました。
2011/09/30
「感謝はがきのススメ vol.21」を更新しました。
2011/09/01
「感謝はがきのススメ vol.20」を更新しました。
2011/09/01
2011年のかもめ〜るの印刷受付を終了しました。
2011/08/01
「感謝はがきのススメ vol.19」を更新しました。
2011/07/01
「感謝はがきのススメ vol.18」を更新しました。
2011/06/01
「感謝はがきのススメ vol.17」を更新しました。
2011/05/06
「感謝はがきのススメ vol.16」を更新しました。
2011/04/01
「感謝はがきのススメ vol.15」を更新しました。
2011/03/01
「感謝はがきのススメ vol.14」を更新しました。
2011/02/01
「感謝はがきのススメ vol.13」を更新しました。
2011/01/05
「感謝はがきのススメ vol.12」を更新しました。
2010/11/25
「感謝はがきのススメ vol.11」を更新しました。
2010/11/25
クリスマスカード特集ページを更新しました。
2010/11/01
「感謝はがきのススメ vol.10」を更新しました。
2010/10/01
「感謝はがきのススメ vol.9」を更新しました。
2010/09/01
「感謝はがきのススメ vol.8」を更新しました。
2010/09/01
2010年のかもめ〜るの印刷受付を終了しました。
2010/06/14
暑中見舞いにもぴったり。夏の新デザインを追加しました。詳細はこちら
感謝のチカラ
幸せな循環を作り出す感謝はがきの使い方をご紹介します
  • 営業編
  • 車のディーラー編
  • 経営者編
  • 美容院編
  • 飲食店編
  • 歯科医院編
  • ネットショップ編
39project「ありがとう」を伝えよう

■代金引換

ヤマト運輸のコレクトサービスにてお届けいたします。 その場合、代引手数料(324円)はお客様負担となります。

■クレジットカード

JCB、VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、 ダイナースカードでのお支払いが可能です。決済業務は、株式会社ゼウスに委託しております。

送料は、国内一律 324円 です。
商品は、ヤマト運輸でお届けいたします。

納期

ご注文受付日から2営業日で出荷します。
宛名印刷をお申し込みの場合でも同じ納期でOK
(手書き筆耕の場合は、8営業日後出荷となります)