挨拶状ドットコム 感謝はがきHOME > 連載コラム「感謝はがきのススメ」 > vol.18 「月刊 感謝はがき」でお客様とのつながりを強くしよう

感謝はがきをきっかけに、ビジネスや人脈づくりなどさまざまな場面で、お客さまや周囲の人との幸せな関係を作って欲しい。感謝はがきの提唱者で、その伝道師でもある松本良彦さんが、みなさまのお役に立つホットな話題をお届けします。

2011/07/01

Vol.18

「月刊 感謝はがき」でお客様とのつながりを強くしよう

みなさん、こんにちは。
感謝はがきのマツモトこと松本良彦です。

今月は、保険営業の方や不動産営業の方などからよくご質問をいただく
「すでにご契約を済ませていただいたお客様を定期的にフォローできる方法はないか」というお悩みに、ぜひオススメしたい感謝はがきの使い方についてお話したいと思います。

はがきを「レギュラー」化するという発想

「お客様のフォローに定期的にはがきを書くことはとてもいいこと」と以前から本コラムでもお伝えしています。

講演などでも
「年賀状、暑中見舞い以外に四季折々くらい書いてもいいと思いますね。」
とお話するのですが、そうすると
「春はどうしたらいいですか?」
「秋はなんと書いたらいいのですか?」
という質問をいただきます。

要するに一般的でない「イレギュラー」にはなかなか対応しづらいようなのです。

「だったらその「イレギュラー」を「レギュラー」化するにはどうしたらいいだろうか…」
として発想を変え、こうご提案することがあります。

「では毎月毎月、定期的にはがきを書いてみてはいかがでしょうか。名づけて「月刊 感謝はがき」なんていうのはどうでしょうか」

「月刊 感謝はがき」は、テーマをしぼって定期的に

実際その「月刊 感謝はがき」、保険営業マンである僕の実弟が実行してくれています。
弟は、既に契約をいただいたお客様へのフォローとして使ってくれています。

最初に弟から相談された内容はこういうことでした。

「保険営業は契約が終わると契約者の方とのやりとりはほとんどなくなってしまう。売りっぱなしと思われたくない。長くお客様のことを考え続ける営業マンでありたい。かといって全員のお客様に毎月ご訪問させていただけることもできない。はがきを上手く使ってフォローさせていただける方法はないだろうか」

そこで僕は昨年、自身のブログ上にて有料で配布していた「歳時記はがき」という自作の筆文字を勧めました。

これは毎月にある月の異名(例:「神無月」など)をデザインしたはがきで、これなら毎月デザインも変わっていき、「続きもの」としての連続性を感じていただけるだろうと開発したものでした。 月ごとにデザインが変わることで、自然と毎月のはがきを出し続けるモチベーションにもつながるだろうとの考えもありました。

毎月はがきを書き始めてから、「毎月大変じゃないですか?」というお気づかいの電話を下さる方や、中にはご家族の分の保険をお願いしてくださる方も現れました。弟がその方に保険の説明にうかがった時、なんと保険証券ケースの中に弟が出した毎月のはがきをきちんと丁寧にはさんで捨てずに置いておいてくださっていたそうです。

「リピートももちろんうれしいけど、そういう風にきちんと大切に置いてくださっていること自体がうれしい。続けていくための励みになる。はがきやっててよかったよ。」

「月刊 感謝はがき」の編集長としてのファンづくりを

もちろん「月刊 感謝はがき」は、みなさんのお好きなデザインのはがきを使っていただいて、今日から始めることもできます。 そのためには、まずは前段の「歳時記はがき」のように毎月のテーマを先に決めておきましょう。

例えば「今月の花」のようなものはインターネットの検索ではすぐに出てきます。
また、お客様に経営者や勉強家の方が多いと思えば中国の古典の名言や著名人の気に入った言葉などを選んで「今月の言葉」として出すことも喜ばれそうです。
もちろんシンプルに「感謝」という言葉を毎月違ったデザインや書家の作品を使って出すのもいいでしょう。

但し、上記に関しては著作権に十分にご注意を。 コピー禁止などのマナーは必ず守ってくださいね。

また、僕の講演を聴いてくださった方の中には、まだ小さいお子さんとのツーショット写真などを毎月撮影して「子どもの成長を通して定期的に出す感謝はがき」として活用され、お客様から「ほほえましい」との好評を集め、地道なファン作りに役立てている方もおられます。

出すタイミングも、毎月がしんどいなら二ヶ月に一度でも構いません。
三ヶ月に一度なら、それこそ「季節」のはがきではあるわけですから(笑)

要は「あなた自身が気持ちを込めて選んだものであり、あなた自身が書き続けているもの」がわかるようにすればそれでいいのです。

「テーマを選ぶ」「定期的に出す」ことで、一度ご契約してくださったお客様はあなた自身のことを忘れずにいてくださることでしょう。そうなるとそのお客様からの紹介なども増える可能性もでてくることでしょう。

お客様にますますファンになっていただくことをモットーに、「定期的に出す連載はがき」という視点で内容を吟味した「月刊 感謝はがき」の編集長になったつもりで取り組んでみてはいかがでしょうか。

それではまた、来月。

松本 良彦

PS.今月は少し自分の身内の話になってしまったので、大変恐縮しています。
手前味噌ながらもう少しだけおつきあいいただくとして…。(笑)

弟は僕と一歳しか違わず、性格に関していえば僕は結構お調子者、彼はいつも何事につけ冷静でマジメなタイプでした。そのため、どちらかといえばお互いにあまり干渉し合うことは少ない兄弟であったかなと思います。

数年前に彼が会社を退社するという大きな人生の転機を迎えてからは少しこれまでの関係に変化がでてきたように思います。僕の本を同僚や訪問先のお客様に紹介してくれたり、はがきを実践してくれたりと知らないところで応援してくれているようでした。

お互い40も超えたせいもあってか、こうしてしばしば相談をし合えるような間柄に「ようやく」なれたような気がしています。こうして彼がはがきを書くことで、「はがきを書き続けていてよかった」という喜びをあらためて僕に与えてく れたことを、兄弟として心よりうれしく思う次第です。

【著書本】
接客のプロが新人のために書いた接客の本(アスカビジネス)

山根暁 (著), 松本良彦 (著), 株式会社空心 (監修)

CSコーディネータ山根暁さんとの共著本です。感謝はがきのエッセンスが満載♪


松本良彦さんプロフィール

1966年生・堺育ち、和歌山在住。 関西大学卒業後、輸入CD・レコード・グッズ販売などの店舗にて販売・接客業務を経験。お客様との強固な人間関係を作ることが売上向上につながることを学ぶ。その後、印刷デザイナーを経て「感謝はがきアドバイザー」として独立。小規模事業のお店や企業を中心に、お礼状を使った「感謝はがきであなたのファンを増やす」販促コーディネートやセミナー講師活動などを行う。 独立後1年間に自ら手書きで出したはがきは1,000枚以上。それがきっかけとなり2009年末、初の著書「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(明日香出版社・刊/山根暁氏との共著)を上梓。

ブログ http://ameblo.jp/kanshahagaki/

※サイトで取り扱っている商品に関しては、以下のフォームよりお問合せください
<お客様窓口>お問合せフォームはこちら
「感謝はがきのススメ」バックナンバー
お知らせ
2017/1/12
2017年の年賀状の取扱いを終了しました。
2016/8/28
2016年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2016/1/13
2016年の年賀状の取扱いを終了しました。
2015/8/27
2015年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2015/1/5
2015年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2014/8/29
2014年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2014/1/6
2014年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2013/8/29
2013年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2013/1/7
2013年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2012/8/31
2012年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2011/12/27
「感謝はがきのススメ vol.24(最終回)」を更新しました。
2011/12/01
「感謝はがきのススメ vol.23」を更新しました。
2011/11/01
「感謝はがきのススメ vol.22」を更新しました。
2011/09/30
「感謝はがきのススメ vol.21」を更新しました。
2011/09/01
「感謝はがきのススメ vol.20」を更新しました。
2011/09/01
2011年のかもめ〜るの印刷受付を終了しました。
2011/08/01
「感謝はがきのススメ vol.19」を更新しました。
2011/07/01
「感謝はがきのススメ vol.18」を更新しました。
2011/06/01
「感謝はがきのススメ vol.17」を更新しました。
2011/05/06
「感謝はがきのススメ vol.16」を更新しました。
2011/04/01
「感謝はがきのススメ vol.15」を更新しました。
2011/03/01
「感謝はがきのススメ vol.14」を更新しました。
2011/02/01
「感謝はがきのススメ vol.13」を更新しました。
2011/01/05
「感謝はがきのススメ vol.12」を更新しました。
2010/11/25
「感謝はがきのススメ vol.11」を更新しました。
2010/11/25
クリスマスカード特集ページを更新しました。
2010/11/01
「感謝はがきのススメ vol.10」を更新しました。
2010/10/01
「感謝はがきのススメ vol.9」を更新しました。
2010/09/01
「感謝はがきのススメ vol.8」を更新しました。
2010/09/01
2010年のかもめ〜るの印刷受付を終了しました。
2010/06/14
暑中見舞いにもぴったり。夏の新デザインを追加しました。詳細はこちら
感謝のチカラ
幸せな循環を作り出す感謝はがきの使い方をご紹介します
  • 営業編
  • 車のディーラー編
  • 経営者編
  • 美容院編
  • 飲食店編
  • 歯科医院編
  • ネットショップ編
39project「ありがとう」を伝えよう

■代金引換

ヤマト運輸のコレクトサービスにてお届けいたします。 その場合、代引手数料(324円)はお客様負担となります。

■クレジットカード

JCB、VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、 ダイナースカードでのお支払いが可能です。決済業務は、株式会社ゼウスに委託しております。

送料は、国内一律 324円 です。
商品は、ヤマト運輸でお届けいたします。

納期

ご注文受付日から2営業日で出荷します。
宛名印刷をお申し込みの場合でも同じ納期でOK
(手書き筆耕の場合は、8営業日後出荷となります)