挨拶状ドットコム 感謝はがきHOME > 連載コラム「感謝はがきのススメ」 > vol.16 感謝はがきが広げる心と心の環

感謝はがきをきっかけに、ビジネスや人脈づくりなどさまざまな場面で、お客さまや周囲の人との幸せな関係を作って欲しい。感謝はがきの提唱者で、その伝道師でもある松本良彦さんが、みなさまのお役に立つホットな話題をお届けします。

2011/05/06

Vol.16

感謝はがきが広げる心と心の環

みなさん、こんにちは。
感謝はがきのマツモトこと松本良彦です。

今月は、たった一枚の感謝はがきを書いたことがキッカケで周りの人たちにとてもあたたかい心と心の輪が広がっていくことを実感、「感謝はがきおかげで人生が変わりました」とおっしゃる和歌山県有田市・ひまわりケアサービス様のケアマネージャー、守友孝文さんのお話をご紹介します。

最初の一枚は…近所のおじいちゃん「たけちゃん」

ひまわりケアサービス様は、海と山に囲まれた静かな町で、さまざまな老人介護サービスを行っている会社です。

そこでケアマネージャーとして働く守友孝文さんが、僕の講演を聴いてくださって「感謝はがきを始めてみようかな」と思ったのは2010年の夏ごろのことでした。

「誰に出そうか」ということで最初に思い浮かんだ人が、ちょうどその頃守友さんが介護ケアプラン作成の担当をしていた通称「たけちゃん」というおじいさんでした。

「たけちゃん」じいちゃんは、なかなか外に出たがらない少し引きこもりがちの性格でしたが、大変絵がお上手で、色紙に何枚も筆で書いた日本画を残しておられたのです。

守友さんは「そんな趣味のある方なら」とピンと勘が働いたのでしょう、最初にそのたけちゃんじいちゃんに「感謝」と自分で筆で書いた「ホンマに下手な字(本人談)」の感謝はがきを送りました。

会社のご近所で、わざわざはがきを出すほどの距離でもなかったのですが、ちゃんと切手を貼って郵便で出したのでした。

するとたけちゃんじいちゃんは大変喜んで、すぐさま守友さんのところに
「ありがとう、うれしぃよぉ」と連絡をしてきたのです。

最初の一枚で反応が返ってきて、うれしかった守友さんは、またそのお礼の感謝はがきを書き、その後も守友さんとたけちゃんじいちゃんのやり取りは続くことになりました。

やがて、守友さんの奥さんが仕事で独立し、事務所を構えることになりました。
そのことを知ったたけちゃんじいちゃんは

「僕の絵、あげるから、完成したら新しい会社で飾りなぁよ」

とうれしそうに約束してくれたのだそうです。

しかし、残念なことにその後まもなく、たけちゃんじいちゃんは折からの猛暑で体調を崩され、急にお亡くなりになったのです。

新しい事務所の部屋を見ることもできないままに。

まるで数珠つなぎのように…

お通夜に訪問した守友さんは、帰り際にご遺族から、「どうぞもらってあげてください」とたけちゃんじいちゃんが今まで書きためていた色紙絵すべてを手渡されたのでした。そしてお悔やみとお礼の意味もこめて「最後の」感謝はがきを出しました。

するとある時、ご近所のおばあちゃんに呼び止められたのです。

「あんた、たけちゃんにはがき書いてた兄ちゃんやろ?
この絵、たけちゃんの絵と一緒によかったら事務所に飾ってね。」

とおばあちゃん本人が書いた油絵を渡されたのです。

聞けば、生前たけちゃんじいちゃんと守友さんの間で交わしていた絵を渡す約束とはがきのやりとりがご遺族との間で話題となり、その話を聞いて感激したおばあちゃんは、自ら進んでご自分の絵も守友さんにプレゼントしたい、と思ったのだそうです。

守友さんはご遺族にはもちろん、当然このおばあちゃんにもお礼の「感謝はがき」を書きました。 するとさらに、おばあちゃんの知り合いのおばあちゃんから

「あんた、はがき送ってる兄ちゃんやろ?」

とまたまた道で声をかけられ、その方にもはがきを書き、さらに別のおばあちゃんにもその噂が広まる…そんなことがくり返されたのでした。

こうして守友さんと近所のおじいちゃん、おばあちゃんとの間で、まるで数珠つなぎのように「感謝はがき」の輪が広がっていったのです。

社長も応援、職場にも輪が広がった

そんな輪が広がってますます喜びを感じた守友さんは、一層はがきを書くのが楽しみとなり、ケアプランの作成報告のため月に一度在宅介護のお年寄りのお宅に訪問した後に、「感謝はがき」を書くようになりました。

今では病院の付き添いなど外出先で出会う担当のおじいちゃん、おばあちゃんご本人はもちろん、ご家族の方からも歩いていると呼び止められ、「いつもはがき送ってくれてありがとう!」 と声をかけられることも多くなりました。

中には、「ワシが施設にお世話になる時は真っ先に守友さんに連絡して頼りさせてもらうからヨォ」 というおじいちゃんもいらっしゃるそうです。

そして、なにより守友さんの「感謝はがき」はそれだけで終わりませんでした。

守友さんの一番の良き理解である社長の木村さんは、守友さんが最初、会社に何も言わず個人的に「感謝はがき」を書いて出していたことを知ると、すぐに切手やはがきの経費を全額会社で負担するようにしてくださいました。

さらに守友さんに誘われて僕の講演にいらした別のスタッフの方も、今ではそれぞれご担当のおじいちゃん、おばあちゃんに「お誕生日はがき」を書いて出すようになり
「お祝いしてくれて、おおきになぁ」とお礼の言葉をたくさんいただくようになったそうです。

「ホンマに感謝はがきのおかげです。」

そう語ってくれた守友さんのとても明るく、やさしい笑顔に僕の方がお礼を言いたくなりました。僕が想像もしていなかった感謝はがきのチカラを守友さんやその周りの方々から教わったからです。

なんだか僕も実家の母に一枚書いて送りたくなりました。

「ここ、和歌山のみなさんから日々元気いただいて、感謝しています。
また近いうち、帰ります。」と。

ではまた、来月。

松本 良彦

PS.ひまわりケアサービス様での守友さんの取材の後、外に出ると目の前には静かに流れる大きな有田川がありました。それは海にも山にもとても近く、東北の津波の被災地によく似た地形でした。被災地でも同じような年代のおじいちゃん、おばあちゃんがきっとたくさんいらっしゃるはず。その多くが今も苦しんでおられるのだろうと思うと心が痛みます。今こうして僕らが平穏な日々を送っていられるのも、戦時中の貧しい時代を乗り越え、強くたくましく生きてこられた多くの人生の先輩方…おじいちゃんやおばあちゃんがいてくださったからこそではないか、と思います。
僕自身も高齢化の町に住む者として何か人生の先輩方にご恩返しできるようなことを見つけられれば。それが感謝はがきを通じて、ということであればいいな、と今回の取材であらためて教わりました。最後に守友さん、木村社長はじめひまわりケアサービス様には心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

【著書本】
接客のプロが新人のために書いた接客の本(アスカビジネス)

山根暁 (著), 松本良彦 (著), 株式会社空心 (監修)

CSコーディネータ山根暁さんとの共著本です。感謝はがきのエッセンスが満載♪


松本良彦さんプロフィール

1966年生・堺育ち、和歌山在住。 関西大学卒業後、輸入CD・レコード・グッズ販売などの店舗にて販売・接客業務を経験。お客様との強固な人間関係を作ることが売上向上につながることを学ぶ。その後、印刷デザイナーを経て「感謝はがきアドバイザー」として独立。小規模事業のお店や企業を中心に、お礼状を使った「感謝はがきであなたのファンを増やす」販促コーディネートやセミナー講師活動などを行う。 独立後1年間に自ら手書きで出したはがきは1,000枚以上。それがきっかけとなり2009年末、初の著書「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(明日香出版社・刊/山根暁氏との共著)を上梓。

ブログ http://ameblo.jp/kanshahagaki/

※サイトで取り扱っている商品に関しては、以下のフォームよりお問合せください
<お客様窓口>お問合せフォームはこちら
「感謝はがきのススメ」バックナンバー
なっとく夏得キャンペーン 20人に1人ギフト券5,000円当たる!!
キャンペーンで宛名印刷無料
お知らせ
2017/6/1
夏の特別キャンペーンを開始しました。
2017/6/1
2017年のかもめ〜るの取り扱いを開始しました。
2017/1/12
2017年の年賀状の取扱いを終了しました。
2016/8/28
2016年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2016/1/13
2016年の年賀状の取扱いを終了しました。
2015/8/27
2015年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2015/1/5
2015年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2014/8/29
2014年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2014/1/6
2014年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2013/8/29
2013年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2013/1/7
2013年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2012/8/31
2012年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2011/12/27
「感謝はがきのススメ vol.24(最終回)」を更新しました。
2011/12/01
「感謝はがきのススメ vol.23」を更新しました。
2011/11/01
「感謝はがきのススメ vol.22」を更新しました。
2011/09/30
「感謝はがきのススメ vol.21」を更新しました。
2011/09/01
「感謝はがきのススメ vol.20」を更新しました。
2011/09/01
2011年のかもめ〜るの印刷受付を終了しました。
2011/08/01
「感謝はがきのススメ vol.19」を更新しました。
2011/07/01
「感謝はがきのススメ vol.18」を更新しました。
2011/06/01
「感謝はがきのススメ vol.17」を更新しました。
2011/05/06
「感謝はがきのススメ vol.16」を更新しました。
2011/04/01
「感謝はがきのススメ vol.15」を更新しました。
2011/03/01
「感謝はがきのススメ vol.14」を更新しました。
2011/02/01
「感謝はがきのススメ vol.13」を更新しました。
2011/01/05
「感謝はがきのススメ vol.12」を更新しました。
2010/11/25
「感謝はがきのススメ vol.11」を更新しました。
2010/11/25
クリスマスカード特集ページを更新しました。
2010/11/01
「感謝はがきのススメ vol.10」を更新しました。
2010/10/01
「感謝はがきのススメ vol.9」を更新しました。
2010/09/01
「感謝はがきのススメ vol.8」を更新しました。
2010/09/01
2010年のかもめ〜るの印刷受付を終了しました。
2010/06/14
暑中見舞いにもぴったり。夏の新デザインを追加しました。詳細はこちら
感謝のチカラ
幸せな循環を作り出す感謝はがきの使い方をご紹介します
  • 営業編
  • 車のディーラー編
  • 経営者編
  • 美容院編
  • 飲食店編
  • 歯科医院編
  • ネットショップ編
39project「ありがとう」を伝えよう

■代金引換

ヤマト運輸のコレクトサービスにてお届けいたします。 その場合、代引手数料(324円)はお客様負担となります。

■クレジットカード

JCB、VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、 ダイナースカードでのお支払いが可能です。決済業務は、株式会社ゼウスに委託しております。

送料は、国内一律 324円 です。
商品は、ヤマト運輸でお届けいたします。

納期

ご注文受付日から2営業日で出荷します。
宛名印刷をお申し込みの場合でも同じ納期でOK
(手書き筆耕の場合は、8営業日後出荷となります)