挨拶状ドットコム 感謝はがきHOME > 連載コラム「感謝はがきのススメ」 > vol.5 暑中見舞いは年賀状との「連動企画」で

感謝はがきをきっかけに、ビジネスや人脈づくりなどさまざまな場面で、お客さまや周囲の人との幸せな関係を作って欲しい。感謝はがきの提唱者で、その伝道師でもある松本良彦さんが、みなさまのお役に立つホットな話題をお届けします。

2010/06/01

Vol.5

暑中見舞いは年賀状との「連動企画」で

みなさん、こんにちは! 感謝はがきのマツモトこと松本良彦です。

ついこの間まで家族でバンクーバー・オリンピックの高橋大輔さんや浅田真央さんの演技を観て盛り上がっていたはずなのに、私の地元・和歌山ではゴールデンウィーク中に一部海開きとなるところがテレビ中継されました。

うかうかしているとあっという間に夏まで巡ってきそうな勢いです。そこで今月は「暑中見舞い」について、夏が来る前にお話しておきましょう。

やりとりが少ないからこそ、読み手に残る

暑中見舞いについては、みなさんもご存知のとおり、相手の安否を気遣い健康を祈り、自分の近況をお知らせする夏の挨拶状ということになります。

とはいえ、暑中見舞いをわざわざ書くというのはやはり気後れしてしまいがち。「年賀状は書いても暑中見舞いまではねぇ…」という方は多いと思います。

しかし、暑中の挨拶状をいただく側に立ったとして、暑さが厳しい折に自分を気遣ってくれている内容のはがきが届いたらきっとうれしいはず。 しかも、みんながいっせいに出す年賀状とは違って、圧倒的に数が少ないので、じっくり読んでもらうことができます。 暑中見舞いは、1枚1枚がとても印象に残りやすいものなのです。

今年の年賀状、思い出せますか

それではここで私からみなさんに質問しますね。

今年みなさんがいただいた年賀状…今、この場で頭の中で思い出すことができますか?
どんな絵柄でどんな内容をどなたがお書きになったか…など。

いかがです?

あれほどいろんな方からいただいたカラフルで力作ぞろいだったはずの年賀状の山。
あらためて、この時期はずれの今、「印象に残ったものを挙げよ」と言われてもなかなか思い出すのは大変ではないですか。

「そんな年賀状なんて正月の時しか見ないから当たり前じゃないか」と思われるでしょう。
そうなんです。年賀状を夏に見る人なんて聞いたことありませんよね。もっとも暑中見舞いを書こうとして住所の確認をしようと思った以外は(笑)

暑中見舞いは「年賀状の続編はがき」

ここでマツモト流・暑中見舞いの書き方の提案を、ひとつ。

本来の「暑中見舞い=夏のごあいさつ」というところにプラスして、「年賀状は年賀状、暑中見舞いは暑中見舞い」と別個に考えるのをやめ、暑中見舞いを「年賀状の続編はがき」と考えてみてはどうでしょうか。

どういうことかというと、年賀状って旧年中のお礼から始まって近況や人によっては「今年の目標」などを書くことも多いですよね。 その年賀状で書いた当時の状況や目標が、その後どうなったかを暑中見舞いで報告するという役割を持たせるのです。つまり年賀状との「連動企画」「連載シリーズもの」として出すわけです。

例えば、「今年はぜひ一杯やりましょう」と年賀状にひと言書き添えたのであれば、暑中見舞いには「春から新しい部署に配属となりなかなか連絡とれずでしたが、ようやく落ち着いたので年始のお約束の一杯を、ぜひ近々…」といった具合に、「あなたとの約束を覚えています。そしてあなたも覚えていてくださったとしたら、うれしいです。もしそうならその約束をぜひ実現をしたいと思っています」というニュアンスで書いてみたり。

また、「目標は夏までに8kgダイエットするぞ!」と年賀状に書いたら、「折からの暑さに早々にギブアップしてしまいました」などと、ビール片手の写真などをはがきの裏面にプリントして送ってみても、なんだか楽しそうです(笑)。

そんな暑中見舞いをいただいた側からすれば、「あれ?そんなこと書いてたっけ?」と年始に届いた年賀状を思い出そうとしてもう一度見返してみる、なんてことがあるかもしれない。
そうなると「現在(いま)」届いた暑中見舞いがすでに「過去」となった年賀状の存在をよみがえらせる役割をし、「おもしろいな」「変わったヤツだなぁ」ということから始まって、相手にとってより印象深い人となるわけです。

そんなことがもし毎年続くとすれば…たった一枚の暑中見舞いでも大いに相手をワクワクさせる夏の花火のごとく心待ちにされるようになるかもしれません。

というわけで、この夏、年賀状の続きを書くつもりで暑中見舞いに「キラクに」チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

次回は、ポストに行く前にもうひと工夫ということで、はがきを出すのが楽しくなる「ちょいイイ☆」アイディアをお教えいたします。これであなたも1000枚書けちゃうかも?(笑)

では、また!

松本 良彦

PS.今月はサッカーW杯南アフリカ大会がいよいよ開幕となります。
日本が初めてサッカーW杯に出場した、歴史に残る最初のアルゼンチンとの試合を陣痛が始まり産婦人科のベッドで横になっている僕の奥さんとともに備え付けの小さなテレビで一緒に観ました。
試合は負けてしまいましたが、その後まもなく生まれた娘は今年小学校6年生。 そのおかげでW杯の開催の度に娘の成長への「祝祭」のような気持ちがなんとなく僕にはあるんです。
「勝敗も大切だけれど、とにかく応援しよう」
なんとなく娘への思いとダブらせつつ、今回も熱戦を観ることになるでしょう。 寝不足がコワイですが(笑)。

【著書本】
接客のプロが新人のために書いた接客の本(アスカビジネス)

山根暁 (著), 松本良彦 (著), 株式会社空心 (監修)

CSコーディネータ山根暁さんとの共著本です。感謝はがきのエッセンスが満載♪


松本良彦さんプロフィール

1966年生・堺育ち、和歌山在住。 関西大学卒業後、輸入CD・レコード・グッズ販売などの店舗にて販売・接客業務を経験。お客様との強固な人間関係を作ることが売上向上につながることを学ぶ。その後、印刷デザイナーを経て「感謝はがきアドバイザー」として独立。小規模事業のお店や企業を中心に、お礼状を使った「感謝はがきであなたのファンを増やす」販促コーディネートやセミナー講師活動などを行う。 独立後1年間に自ら手書きで出したはがきは1,000枚以上。それがきっかけとなり2009年末、初の著書「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(明日香出版社・刊/山根暁氏との共著)を上梓。

ブログ http://ameblo.jp/kanshahagaki/

※サイトで取り扱っている商品に関しては、以下のフォームよりお問合せください
<お客様窓口>お問合せフォームはこちら
「感謝はがきのススメ」バックナンバー
なっとく夏得キャンペーン 20人に1人ギフト券5,000円当たる!!
キャンペーンで宛名印刷無料
お知らせ
2017/6/1
夏の特別キャンペーンを開始しました。
2017/6/1
2017年のかもめ〜るの取り扱いを開始しました。
2017/1/12
2017年の年賀状の取扱いを終了しました。
2016/8/28
2016年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2016/1/13
2016年の年賀状の取扱いを終了しました。
2015/8/27
2015年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2015/1/5
2015年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2014/8/29
2014年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2014/1/6
2014年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2013/8/29
2013年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2013/1/7
2013年の年賀状の取り扱いを終了しました。
2012/8/31
2012年のかもめ〜るの取り扱いを終了しました。
2011/12/27
「感謝はがきのススメ vol.24(最終回)」を更新しました。
2011/12/01
「感謝はがきのススメ vol.23」を更新しました。
2011/11/01
「感謝はがきのススメ vol.22」を更新しました。
2011/09/30
「感謝はがきのススメ vol.21」を更新しました。
2011/09/01
「感謝はがきのススメ vol.20」を更新しました。
2011/09/01
2011年のかもめ〜るの印刷受付を終了しました。
2011/08/01
「感謝はがきのススメ vol.19」を更新しました。
2011/07/01
「感謝はがきのススメ vol.18」を更新しました。
2011/06/01
「感謝はがきのススメ vol.17」を更新しました。
2011/05/06
「感謝はがきのススメ vol.16」を更新しました。
2011/04/01
「感謝はがきのススメ vol.15」を更新しました。
2011/03/01
「感謝はがきのススメ vol.14」を更新しました。
2011/02/01
「感謝はがきのススメ vol.13」を更新しました。
2011/01/05
「感謝はがきのススメ vol.12」を更新しました。
2010/11/25
「感謝はがきのススメ vol.11」を更新しました。
2010/11/25
クリスマスカード特集ページを更新しました。
2010/11/01
「感謝はがきのススメ vol.10」を更新しました。
2010/10/01
「感謝はがきのススメ vol.9」を更新しました。
2010/09/01
「感謝はがきのススメ vol.8」を更新しました。
2010/09/01
2010年のかもめ〜るの印刷受付を終了しました。
2010/06/14
暑中見舞いにもぴったり。夏の新デザインを追加しました。詳細はこちら
感謝のチカラ
幸せな循環を作り出す感謝はがきの使い方をご紹介します
  • 営業編
  • 車のディーラー編
  • 経営者編
  • 美容院編
  • 飲食店編
  • 歯科医院編
  • ネットショップ編
39project「ありがとう」を伝えよう

■代金引換

ヤマト運輸のコレクトサービスにてお届けいたします。 その場合、代引手数料(324円)はお客様負担となります。

■クレジットカード

JCB、VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、 ダイナースカードでのお支払いが可能です。決済業務は、株式会社ゼウスに委託しております。

送料は、国内一律 324円 です。
商品は、ヤマト運輸でお届けいたします。

納期

ご注文受付日から2営業日で出荷します。
宛名印刷をお申し込みの場合でも同じ納期でOK
(手書き筆耕の場合は、8営業日後出荷となります)